人工膝関節再置換

緩んで沈んできたTKA

人工膝関節置換術は非常に長期に長持ちします。現在の人工膝関節であれば、一度手術をすれば再置換になることは滅多にありません。それは最近の人工関節が材質も進歩し、手術手技も工夫されてきているからです。それでも、昔入れた人工関節や、怪我や感染などの結果で人工膝関節に不具合が生じることがあります。具合が悪くなれば交換した方がいい場合もあります。再置換するタイミングが遅くなると、より複雑で大変な手術を行う必要が出てきます。再置換を行うタイミングやその方法は非常に重要となってきます。

​人工膝関節再置換の原因

人工膝関節の再置換の原因には様々なものがあります

(詳細は人工関節学会のレポートを参考にしてください)

 

 ・ 緩み

 ・ ポリエチレン摩耗

 ・ インプラント破損

 ・ 感染

 ・ 外傷(骨折・靭帯損傷など)

昔のインプラントは、ポリエチレンの質が現在のように良くはないので、ポリエチレンがすり減って様々なトラブルを起こすことがありました。 

また、手術してしばらくたったのちにケガなどで痛めてしまうこともあります。

再置換の方法

再置換は、欠損した骨や、傷んだ靭帯を補うようなインプラントを使用します。

​骨の欠損は小さなものなら骨セメントという接着剤のようなもので埋めることができますが、大きなものは金属などのブロックを使用します。

再置換の時は、最初の人工関節の時以上に骨の形や、軟部の状態に個人差が大きいので、術前の評価と準備が重要です​。