人工膝関節置換術後は痛いの?

人工膝関節(TKA)は人工股関節(THA)よりも手術直後の痛みを強く訴える患者さんが多かったです。しかし、この10年間で多くの痛みを取る方法が出てきており、以前に比べると手術後の痛みが格段に少なくなりました。

 

 

 

手術方法で減らす

人工膝関節では、大腿四頭筋を極力傷つけないミニミッドバスタスやサブバスタスなどの最少侵襲手術(MIS)が行われるようになってきました。また、脛骨側の軟部組織を骨からなるべく剥離しないで手術をするようになってきています。これにより以前に比べるとリハビリ時の痛みがだいぶ減りました。。私自身もサブバスタスアプローチで手術を行っており、早期の回復が可能となっています。

 

 

注射で減らす。

・硬膜外麻酔:腰から針を刺して、脊髄の周りに麻酔を入れてきます。特に硬膜外カテーテルという細い管を留置して、術後もそこから持続的に麻酔薬を入れておくことができます。するほう術後の痛みを減らせる反面、麻酔の効果にばらつきがあり、麻酔の効果で下肢ニ力が入らずリハビリが出来ないこともあります。

 

・関節周囲カクテル注射:近年注目されてきた方法で、膝関節周囲の筋肉に麻酔薬や鎮痛薬、ステロイドなどを混ぜたものを注射する方法です。硬膜外麻酔と同等の効果がるうえに、術後しばらくしても炎症を起こしにくくすることができます。

・大腿神経ブロック・脛骨神経ブロック:超音波で見ながら、膝周囲に向かう神経に麻酔を行います。時にはカテーテルを使用して数日間麻酔を効かせることができます。

 

 

鎮痛薬

鎮痛薬いろいろなタイプがあります。炎症を抑えるタイプ、痛みを感じなくするタイプ、神経痛に効くタイプなどがあります。最近は、手術前から炎症を抑える鎮痛薬をのみ、術直後から炎症を起こしにくくする施設が増えています。また、手術した日も、痛みを感じてから痛み止めを使用するのではなく、定期的に痛止めを注射することで、痛みを感じないようにすることも行われています。