人工関節手術の準備  浅草病院の場合

まずは、手術をする病院に相談に行きましょう。

もし、それまでにかかっていた病院やクリニックがあれば、治療経過を紹介状に書いてもらうと、話がスムーズに進みます。お薬手帳や保険証も忘れずに受診してください。

診察をしてレントゲンを撮ります。必要に応じてCTやMRIも撮るかもしれません。画像検査で診断を付けますが、治療方針を決めるのに一番重要なことは、患者さん自身が『どれだけ』、『どんな時に』困っているかです。患者さんの『辛さを』お伺いして、一番いい方針を一緒に考えていきます。

手術や入院生活に必要なもの、退院後の生活などに関して、医師だけではなく、看護師、ソーシャルワーカーなど、多くの人から説明があります。

入院までの期間

風邪をひいたり、怪我をしないように気を付けてください。

手術する部位に湿布を張ったり、注射をしたりするのは避けましょう。

術後のリハビリがスムーズに行くように、痛みの範囲で頑張って動きましょう。