人工股関節置換術後でも脱臼なんて怖くない

​~禁忌肢位がない人工股関節~

人工股関節THAの脱臼.png

人工股関節置換術は脱臼することがあります

人工股関節はカップとボールの間で外れてしまうことがあります。股関節を深く曲げたときにボールが後ろの方に外れる後方脱臼と、股関節をまっすぐ伸ばした時にボールが前に外れる前方脱臼があります。脱臼すると痛くて動けなくなるため、救急車で病院に来てもらい戻さないといけません。病院によっては、脱臼を予防するために正座を禁止したり、靴下を自分で履かないように指導したりします。せっかく手術したのに日常生活の制限が強いのは困りものです。

そのため、私は手術の方法を工夫することで、脱臼を心配しなくてよい人工股関節にするようにしています。実際に、今の方法にしてからは脱臼した人は誰もいません。

人工股関節THAの脱臼肢位.png

手術方法はMISで

MISは傷が小さい手術と思われがちですが、むしろ筋肉や靭帯や関節包などを傷つけないことが重要なのです。このMISで手術を行うことが、脱臼を予防するためには一番重要です。現在は脱臼しにくいMISの方法としていくつかの方法がありますが、私たちのところでは、ASL(仰臥位で股関節の前外側あたりの皮膚を切開する方法)で行っています。筋肉を切らないため、痛みが少ないことに加えて後方脱臼はほとんど起こりません。そのため、しゃがんだり、靴下をはいたり、正座をしたり、胡坐をかいたりしても問題ないです。

私の患者さんでも、ダンスやサーフィン、ヨガやスキーなど様々なことをされている方がいます。

人工股関節(THA)の禁忌肢位.png

関節包はとらないです

関節は周りを関節包という分厚い膜で覆われています。股関節では関節包の表面に靭帯が3本ついています。関節包を取ったり、広い範囲で切ったりすると、股関節は不安定になり脱臼しやすくなります。MISの中でも、ALSは最も関節包を傷つけずに手術が可能です。私がALSにくわえて関節包を最少切開で行った人工股関節は誰も脱臼していないです。ただ、MISや関節包温存にすると、手術はどんどん難しくなるので、どんな病院でも行っているわけではありません。主治医によく相談してから手術を決めてください

関節包切除   
関節包切開+温存

インプラントによる脱臼予防

脱臼をするときは、カップのヘリをボールが乗り越えることで脱臼します。ボールを大きくすることで乗り越えづらくしたり、ボールを2重構造にしたりする方法があります。今ではほとんどの病院で多きめのボールを使うようになっています。

脱臼しにくい人工股関節.jpg

正確なインプラント設置

本来、人の臼蓋や大腿骨頚部は少し前を向いています。人工股関節もカップやステムを前に向けることで後方脱臼を予防します。逆に前を向けすぎると前方脱臼が起こりやすくなります。どのぐらいの角度がいいのかは次第に研究でわかってきました。そのため、ちょうどいい角度や長さでインプラントを入れるためにナビや透視装置で確認しながら手術をする病院もあります。ただし、至適な設置をしても、脱臼する時はあります。これは股関節の安定性には、周りの組織も非常に重要な役割を果たしているからです。いくらいい位置に設置しても、周りの筋肉や靭帯、関節包を傷つけると脱臼しやすくなってしまいます。

手術の方法によってはどんな姿勢も平気です。

人工股関節THAはMISで脱臼しない.png