膝関節と股関節の痛みに対する手術

『歩き出す』ときや『階段の昇り降り』などの動作のとき、突然膝や股関節に痛みが走ったことはありませんか?これらの動作は、わたしたちが日常生活を送るうえで避けては通れません。しかし、年齢を重ねるにつれて大きくなる膝や股関節の痛み・・・その原因のひとつが「変形性関節症」といわれています。整形外科では、骨や筋肉、関節といった運動器の治療を行っています。ここでは膝や股関節の痛みの治療に有効な人工関節置換術についてご紹介します。

ひざ関節のしくみ

膝関節は大腿骨(腿の骨)、脛骨(すねの骨)、そして膝蓋骨(膝の皿)から構成されており、関節の回りにある靱帯や筋肉で安定性を保つことにより、自由に曲げ伸ばし運動ができるようになっています。また、それらの骨の表面は弾力性があって、滑らかな軟骨で覆われています。軟骨は関節を動かしたり、体重が掛かった時の衝撃を吸収するクッションの役目をもっていますが、年齢を重ねるにつれてクッションの役割を果たす軟骨がすり減り、体重がかかるたびに軟骨の下の骨同士がこすれ合って痛みを生じたり、こわばったりするようになります。

変形性膝関節症

膝関節に発症する慢性の関節炎です。多くが外傷などの明確な原因がなく、自然に発症してくるもの(一次性)で、レントゲンで関節のすき間(関節裂隙)が狭くなったり、骨棘(こつきょく)と呼ばれる骨のとげのようなものが認められれば変形性膝関節症と診断されます。比較的女性に多く、年齢と肥満が関連するといわれています。

人工膝関節置換術について

現在、変形性膝関節症の手術で最も多く行われているのが、人工膝関節置換術です。関節全体を入れ換える手術ではなく、痛みの原因であるすり減った軟骨と傷んだ骨の表面部分を切除して、金属やプラスチックでできた人工の関節に置き換える手術です。痛みの大きな改善と、早期の回復が期待できる治療法です。

膝関節の損傷が比較的軽度の患者さんの場合、膝の片側だけを置き換える人工膝関節部分置換術が適用できる場合があります。膝全体を置換する全置換術と比べて小さな人工関節のため、骨を削る量や手術の傷も小さく、より早期の回復が望めます。

股関節のしくみ

股関節は脚の付け根部分の関節で、骨盤の両側にあります。大腿骨の丸い部分(大腿骨頭)が骨盤の受け皿の部分(寛骨臼)にはまり込んでいます。関節部分の骨の表面は軟骨でおおわれ、股関節にかかる力を吸収するとともに大腿骨頭と寛骨臼の動きをスムーズにしています。股関節は、人が立ったり歩いたりするときに体重を支える役割をにない、歩行時には体重のおよそ3倍、立ち上がりでは体重の数倍の重さがかかるといわれています。

年齢を重ねるにつれて、その軟骨がすり減り、やがて大腿骨頭と臼蓋の骨と骨が直接こすれて骨が変形してくると痛みを感じたりこわばりを生じたりすることがあります。股関節の痛みの原因には変形性股関節症 関節リウマチ 大腿骨頭壊死症などがあります。また、特に高齢者が転倒などによって大腿骨のくびれた部分を骨折することがあります(大腿骨頚部骨折)。

変形性股関節症

股関節が痛くなる代表的な原因としては、子供の頃の先天性股関節脱臼(せんてんせいこかんせつだっきゅう)の後遺症や、股関節が浅い臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)などが原因となることが多いです。また、加齢により股関節の軟骨がすり減ってしまうことが原因になることもあります。症状としては、歩行時などに脚の付け根(股関節)やおしりが痛み、股関節の動きが制限されるようになります。痛みが強い場合は人工股関節置換術や骨切り術を行うことがあります。

人工股関節置換術について

人工股関節置換術とは、すり減った軟骨と傷んだ骨を切除して金属やプラスチックでできた人工の関節に置き換える手術です。人工股関節は金属製のカップ、骨頭ボール、ステムからできており、カップの内側には軟骨の代わりとなるプラスチックでできたライナーがはまるようになっています。骨頭ボールがライナーにはまることで、滑らかな股関節の動きが再現できます。痛みの原因となるすり減った軟骨と傷んだ骨が人工物に置き換えられて痛みがなくなることで、日常の動作が楽になることが期待できます。

これらのサイトも参考にしてください​

関節ライフ.png
人工関節ドットコム.png