人工関節ってどんなもの?

人工関節は、『虫歯の治療に似ています』

虫歯は歯を削って詰め物をしたり、歯を抜いてインプラントの歯を差し込んできます。人工関節は痛みを出している骨を削ったりしてインプランを被せたり差し込んだりしてきます。

 

人工関節は。。。!?

実は人工関節といっても、どの関節か、どんな手術方法でするかによって全く違うんです。

人工関節 股 膝 肘 肩

人工関節は、場所によって満足度、術後の機能、人工関節の寿命など全部違います

人工股関節のアプローチ

同じ人工股関節でもアプローチによって、術後の痛み、術後にできる動作、安全性など全く異なります。

こんな噂を信じていないですか??

図14.png

人工関節の分野はとても早く進歩しています。

人工関節メーカーが様々な研究をして、より長持ちして、体への負担の少ないインプラントを改良しています。

人工関節のインプラント

整形外科医も、痛みの少ない手術方法や脱臼などの合併症の起こらない手術方法の工夫を重ねています。

→人工股関節の最少侵襲手術

→人工膝関節の最少侵襲手術

痛みをとる注射や飲み薬、出血を減らす点滴や手術方法などもどんどん研究されています。

→術後の痛みはこれで無くす

→輸血いらずの人工関節

図15.png
図16.png