高位脛骨骨切り術

すねの骨を切って、X脚にすることで痛みを取る手術

高位脛骨骨切り術は、すねの骨(脛骨)を切って、矯正することでO脚からX脚にする手術です。O脚の膝では、内側の軟骨が傷んでいるのに加えて、体重の多くが内側にかかってしまいます。骨切り術でX脚にすることで、体重が外側にかかり、軟骨が傷んでいる内側から負担を減らすことができます。

良い点

膝が良く曲がる

違和感が少ない

自分の骨を残せる

悪い点

 重症ではできない

 術後の回復が遅い

 抜釘が必要

​術後の膝の機能が良い

膝関節を温存することができる上に、手術では膝の関節内はいじらないので、膝の関節としての機能を温存できます。つまり、手術後にも膝はよく曲がり、違和感が少ないのが特徴です。

そのため、人工膝関節置換術とは異なり、スポーツを積極的に行いたい方や、若い方に行われることが多いです。また、職業柄正座が必要な方にも、よく行われます。

重症な膝にはできない

膝の中にある前十字靭帯が機能していないと、骨切り術の結果はよくありません。また内側だけでなく、外側の半月板や軟骨が強く傷んでいる場合も、骨切り術を行えません。

​つまり、変形性膝関節症が重症化する前に行う手術です。

早期回復のための工夫

術後の痛みを減らすために痛み止めの薬の工夫や、骨を早めに癒合させるために超音波治療機を用いています。